Excel

【Excel】見やすいきれいな折れ線グラフの作り方

今回のビズ技は、基本中の基本。グラフを見やすくするコツを紹介します。基本とはいえ、これを上手にできない人をよく見かけます。

先日、ニュースアプリでプロの投稿を読んでいたところ、Excelで作成した折れ線グラフを初期設定のまま使っていました。より多くの人にメッセージを的確に伝えることが目的とした場合、見せ方に拘らないことは背任行為ではないかと思っています。必要以上に見せ方に拘る必要はありませんが、少し工夫をするだけで伝わる情報量は大きく変わってきます。

基本に立ち戻ってExcelで作成するグラフを、ちょっと工夫するだけでプロっぽくなる見せ方について紹介します。やり方ではなく、考え方を知ることで、どんなグラフでも、さらにはグラフだけではなく資料作成全般においてもスキルアップできるでしょう。今回のキーワードは"引き算"です。

1.作ってみる

まずはExcelのそのままの機能で作ったグラフ
キレイ折れ線グラフ01

伝えたいところにフォーカスして装飾したグラフがこれ。
キレイ折れ線グラフ09

使っている元データは全く同じものですが、印象はまったく違うものになっているのではないでしょうか。

人の視点はZ方向に流れて情報を把握するといわれています。Excelのそのままの機能で作ったグラフで一番最初に目に入るのは、データAとBが平行している箇所。この箇所が、メインメッセージであれば問題ないですが、サブメッセージの場合これが強く伝わってしまい、本来伝えたいことの印象が弱まってしまいます。

人の視点の動きに左右されずにメッセージが伝わるようにするためには、"伝えなくてよい情報が、目に入らないようにする"こと、つまり色や形を工夫して情報が届かないように引き算していくということがポイントになります。

2.考え方

 2-1.不要は削除・削減

「不要は削除」と文字で表すと、そりゃ当然でしょ!と思うところですが、グラフや資料作成の場合、やれていないことが多いのが現実。これだけ偉そうに記事を書いている私もよくあること。冒頭の例で削除している箇所は、

  • 横軸の目盛りデータ(文字情報を減らす:1年ごと→4年ごと)
  • 補助線(線の量を減らす:実線→破線)
  • 折れ線グラフの太さ(存在感を減らす:太さ2.25→1.25)
  • 折れ線グラフの色(色情報を減らす:色あり→グレー)

 2-2.共通は集約

削除するのは勇気が必要な部分もありますが、集約することは比較的容易にできるでしょう。冒頭の例での集約箇所は、

  • 縦軸の目盛り(単位を変更:一単位を千単位としゼロを3つずつ削除)
  • 横軸の目盛りデータ(西暦千頭2桁)
  • 凡例(凡例にある折れ線はグラフ中の本体を使用)

 2-3.種類は減らす

削除・削減と集約ができれば、かなりすっきりとしたグラフになっているはずです。その上でさらにできる引き算は、種類を減らすこと。冒頭の例で減らしている種類は、

  • 折れ線グラフの色(多色→青系のみ)
  • 文字フォント(MSPゴシックのみ)

 2-4.余白を作る

余白があることで、表示されている情報の伝達量が上がります。冒頭の例での作った余白は、

  • 凡例をグラフ中に記載し、凡例をまるごと横軸下方から削除
  • 縦軸の目盛り間隔を大きくする(200ごと→300ごと)

 2-5.それでも強調したい場合は足し算

冒頭の例では足し算はしませんでした。やるとすれば、

  • 折れ線グラフを太く
  • 折れ線グラフの色を濃く、目立つ色にする

などでしょう。

3.作ってみる

実際に作る工程で、その進化を見てみましょう。まずは、Excel機能そのままで作ったグラフ
キレイ折れ線グラフ01

縦軸を×1000単位
キレイ折れ線グラフ02

横軸を1目盛りごとから4目盛りごとに
キレイ折れ線グラフ03

補助線を実線から破線
キレイ折れ線グラフ04

横軸目盛りの先頭2桁を省略
キレイ折れ線グラフ05

強調しなくてよい折れ線を細く
キレイ折れ線グラフ06

さらに色を無くし(グレーアウト)、線の違いがわかるように破線や点線に変更
キレイ折れ線グラフ07

強調したい箇所の色を同系色に揃え
キレイ折れ線グラフ08

凡例はムダが多いのでグラフ中で直接表現
キレイ折れ線グラフ09

これでも伝えたりない場合は、ここではじめて足し算(目立つ色を入れる)
キレイ折れ線グラフ10

4.まとめ

順に工程をひとつひとつ見るとそれほど大きな変化はありませんが、はじめと終わりを比較すると大きな表現の違いが出てきます。

グラフに限らず、強調して何か伝えたい場合は、足し算よりも引き算の方が効果的な場合が多くあります。写真を引き算で強調するやり方も紹介しています。
◇【PowerPoint】モノクロ表示で図や写真など素材を活かす

 

今回のビズ技と同様に、基本中の基本だけで円グラフをキレイに見せるやりかたもこちらで紹介。
◇【PowerPoint】見やすいきれいな円グラフの作り方

 

基本ができたら応用編。折れ線グラフを塗りつぶす方法はこちらで紹介。
◇【Excel】折れ線グラフを塗りつぶして見やすくする作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Excel

    【Excel関数】年齢を年代に3秒で IF文を使わず簡単変換

    年齢を年代に変換するとき、IF文を使っていたりしませんか?INT関数を…

  2. vlookupErrorサムネ

    Excel

    【Excel関数】vlookupがエラーで使えない!原因と回避方法7パターン

    vlookup関数が#N/A、#NAME?などよくエラーになってしまい…

  3. サムネイル折線

    Excel

    【Excel】折れ線グラフを塗りつぶして見やすくする作り方

    サムネイルのグラフのような、折れ線グラフを塗りつぶして効果的に魅せる方…

  4. vlookupサムネ

    Excel

    【Excel関数】応用の前にまずは基本!vlookupの使い方

    vlookup関数は、別シートや別表のデータを参照できる関数です。でも…

  5. Excel

    【Excel】重複を抽出して削除する方法(Countif 他全4種)

    "重複チェック"や"重複削除"の方法は、ひとつではありません。その方法…

  6. 折れ線グラフ点線サムネ (2)

    Excel

    【Excel】実線の一部を点線に替える「折れ線グラフ」の作り方

    実績と将来予測をグラフで示したい場合など、一本の折れ線グラフの中を実線…

スポンサーリンク




特集

  1. 折れ線グラフ特集1
  2. 特集働き方改革サムネ
  3. SC特集サムネ

スポンサーリンク




仕事効率アップ系記事

  1. Keyboad
  2. ショートカットサムネ
  3. サムネ-揃える
  4. ブレスト

スキルアップ系記事

  1. graph
  2. 新社会人-パワポ
  3. illust_pc_excel_title2
  4. 体重計
  5. アイディア発想

スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ボスマネ-サムネ
  2. 宝くじ
  3. regret
  4. 愚痴-サムネ
  5. サムネイル
  1. 特集働き方改革サムネ

    Column

    【特集】「働き方改革」を独り歩きさせない!「働き方改革」の実現に向けて
  2. 折れ線グラフ特集1

    PC

    【特集】"使い方"では足りない!「折れ線グラフ」の"使いこなし方"
  3. SC特集サムネ

    PC

    【特集】ショートカットキーで仕事効率化!働き方改革の小さな一歩👣…
PAGE TOP